Booklet

  \\お問い合わせをお待ちしています//

『発達障害者の私たちが考える意思疎通の困難、すれ違い、誤解』

発達障害者はコミュニケーションが苦手と言われることが多く、私たち自身もコミュニケーションで悩む頻度は高い。他者から誤解され敬遠され、また他者のことも思い違いをしていることもたくさんあります。なぜ私たち発達障害者は他者とスムーズにコミュニケーションができないのだろう?当事者だけでなく周囲の人々にこたえていただいたアンケートの結果や寄稿などを掲載しました。

*A5判 ファイザープログラム2020年度「心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究」助成事業

​『コロナ禍で発達障害者が考えていること』

コロナ禍が長期化している2021年。自分が受けているダメージに気が付かなかったり、影響が数年経ってからあらわれたり、不調が何年も続いたりする発達障害者は少なくありません。

当事者の今の率直な気持ち、意見を掲載しています。

*A5判 社会福祉法人中央共同募金会 withコロナ草の根応援助成 第3回助成事業

『発達障害者災害手帳』

令和2年7月豪雨災害を受け、熊本地震直後に発行した「発達障害当事者災害手帳作成マニュアル」を大幅に改訂したものです。様々な団体等の協力を得、またコラムも充実させることができました。発達障害や防災を考えるきっかけとしても読んでいただきたいです。

*A5判 一般財団法人くまもとSDGs推進財団 熊本災害基金「2020熊本水害」第1次助成事業

『ちいさな発達障害者たちへ』

発達障害特性のある子どもたちに、大人になった発達障害者たちからの​メッセージ。

その他、先生や支援者の方々にいいたい一言や、子どもたちが育っていくのにこんな環境があったら

いいな…など、希望を込めて綴っています。

保育所や幼稚園、学校の先生にも、ぜひ読んでいただきたい一冊ができました。

​*A5判 公益財団法人太陽生命厚生財団2019年度助成事業

すれ違い表紙.jpg
コロナ禍表紙.jpg
表紙画像.jpg
ちいさな表紙.jpg

Now
printing

New!

【2022年1月の取り組み】

​あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

寒い日が続き、体の緊張が強い方も多いのではないでしょうか。意識的に力を抜いて、リラックスする時間を持つと良いかもしれません。

また、「オミクロン株」も気になるところです。感染拡大が迫っているように感じ、ストレスがかかります。感染症対策は万全にしながら、自分にとって楽しいことをする時間もたくさんとれると良いと思います。

​新しい冊子『発達障害者の私たちが考える…』を、毎日新聞さまと熊本日日新聞さまに記事にしていただき、多くのお問い合わせをいただいています。郵送にお時間をいただきますが、どうぞご了承ください。郵送のお申し込みはまだまだ受け付けております!

Information

日本福祉のまちづくり学会
第10回学会賞を​受賞しました

発達障害当事者会Little bit・発達協働センターよりみち との3団体合同で、「発達障害当事者会主体の三位一体地域活動・共助活動」として受賞いたしました。​ご選出くださいました日本福祉のまちづくり学会のみなさま、またご推薦をいただきました宇都宮大学長谷川万由美教授に深く感謝申し上げます。

日本福祉のまちづくり学会

熊本県発達障害当事者会Little bit

TOP