Booklet

​『コロナ禍で発達障害者が考えていること』

コロナ禍が長期化している2021年。自分が受けているダメージに気が付かなかったり、影響が数年経ってからあらわれたり、不調が何年も続いたりする発達障害者は少なくありません。

当事者の今の率直な気持ち、意見を掲載しています。

*A5判 社会福祉法人中央共同募金会 withコロナ草の根応援助成 第3回助成事業

『発達障害者災害手帳』

令和2年7月豪雨災害を受け、熊本地震直後に発行した「発達障害当事者災害手帳作成マニュアル」を大幅に改訂したものです。様々な団体等の協力を得、またコラムも充実させることができました。発達障害や防災を考えるきっかけとしても読んでいただきたいです。

*A5判 一般財団法人くまもとSDGs推進財団 熊本災害基金「2020熊本水害」第1次助成事業

『ちいさな発達障害者たちへ』

発達障害特性のある子どもたちに、大人になった発達障害者たちからの​メッセージ。

その他、先生や支援者の方々にいいたい一言や、子どもたちが育っていくのにこんな環境があったら

いいな…など、希望を込めて綴っています。

保育所や幼稚園、学校の先生にも、ぜひ読んでいただきたい一冊ができました。

​*A5判 公益財団法人太陽生命厚生財団2019年度助成事業

『わたしたち★発達障害 特集 発達障害者たちの仕事』​

実際、発達障害者と働くのは大変、発達障害者が働くのも大変。でも、わたしたちは働きます!

​*B5判   平成30年度 公益財団法人木口福祉財団助成事業

『MIZICA 特集 熊本地震と発達障害』

『つぶやく  発達障害当事者の言葉』*絶版

私たち発達障害当事者にとっての熊本地震とは、社会と私たちの関係性とは…

当事者の言葉に触れてください。

A5判 平成28年度 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

『発達障害当事者災害手帳 作成マニュアル』​

熊本地震後の当事者のアイディアを当事者が形にしました。熊本地震直後、避難所に入ることができなかった当事者が、非常時に、まわりの人に伝える必要があることを、伝えられるようにするにはどうすれば良いか考えた、私たちの手掛かりのひとつです。​ぜひご覧ください。

A5判 日本財団助成事業

『あなたがすきになった人に発達障害があったらーdeco boco no coiー』

​7名の当事者による恋愛観の言葉も掲載。

A5判 平成28年度 熊本市社会福祉協議会いきいき市民福祉基金助成事業

表紙画像.jpg
ちいさな表紙.jpg
冊子わたしたち表紙.jpg

New!

​【オンライン座談会 10月2日(土)】

『すれ違いをすれ違いで終わらせないために、私たちに何ができるだろう?』

7月10日に行った座談会の第2弾!今回初めてのご視聴の方もぜひお気軽に!

発達障害者と周囲の人々の間に起こりがちなすれ違いや誤解をどうとらえるか、どう乗り越えていくか。ご一緒に考えてみませんか。

​お申し込みはこちらのサイトからお願いします。

座談会2_page-0001.jpg

​【2021年9月の取り組み】

コロナ禍が収まらない中、疲れがたまっている方も多いと思います。

先日『コロナ禍で発達障害者が考えていること』を発行しました。大きな変化を強いられる中、当事者が考えていること、悩んでいることをそのまま言葉にしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

また10月2日にはオンライン座談会第2弾を開催します。発達障害者と周囲の間で起こりがちなすれ違いをどのようにとらえ、どのように対話していくか話し合います。こちらもお気軽にお申込みください。

Information

日本福祉のまちづくり学会
第10回学会賞を​受賞しました

発達障害当事者会Little bit・発達協働センターよりみち との3団体合同で、「発達障害当事者会主体の三位一体地域活動・共助活動」として受賞いたしました。​ご選出くださいました日本福祉のまちづくり学会のみなさま、またご推薦をいただきました宇都宮大学長谷川万由美教授に深く感謝申し上げます。

日本福祉のまちづくり学会

熊本県発達障害当事者会Little bit